• komatsu-ktw

【令和4年10月~社保適用拡大について】

令和4年10月より、常時100人を超える事業所において、週の所定労働時間が20時間以上、賃金月額88,000円以上、継続して2ヶ月を超える使用見込み等により、短時間の方も社会保険への加入が必要となります。

最新記事

すべて表示

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 ◆2022年4月1日より育児介護休業法が改正され、以下の措置が義務付けられました。 ①育児休業に関する研修の実施 ②相談窓口の設置 ③育児休業取得の事例を労働者へ提供 ④育児休業制度等の方針に関する周知 また、会社は本人や、配偶者が妊娠・出産を申し出た労働者に対して、育児休業の取得意向の確認等を個別に行うことが義務化されています。 (有期雇用労働者の育児介

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 これまでは資格取得等の手続きによって発行される健康保険証の交付は、保険者(協会けんぽや健康保険組合など運営主体のことです)から事業主に送付し、事業主から被保険者(本人)に交付すること等が義務付けられていました。 健康保険法施行規則(2021年10月1日施行)の改正により、保険者が支障がないと認めるときは、保険者から被保険者に対して健康保険証等を直接交付する

まもなく年末調整の時期です。今年から本人捺印が不要となりましたので、少し事務負担が軽減するかもしれません。 以下、各申告書となります。