top of page
  • komatsu-ktw

【助成金について(1)キャリアアップ助成金正社員化コース拡充】

更新日:2月2日

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

今回は、助成金のうち最もポピュラーな助成金の一つキャリアアップ助成金正社員化コースが2023年11月29日以降の取り組みより拡充がされますので、ご説明させていただきます。

キャリアアップ助成金正社員化コースは、有期雇用労働者等を正規雇用労働者に転換等をした場合に助成金が支給されます。


拡充①助成金(1人当たり)の見直し

●現行

中小企業:転換後6か月で57万円助成

大企業:転換後6か月で42.75万円助成

   ↓

●拡充後

中小企業:転換後6か月で40万円、転換後1年で40万円助成(合計80万円の助成)

大企業:転換後6か月で30万円、転換後1年で30万円助成(合計60万円の助成)

※有期から正規の場合の助成金。無期から正規の場合は上記の半額。

※1人目の正社員転換時には、③または④の加算措置あり。


拡充②対象となる有期雇用労働者の要件緩和

対象となる有期雇用労働者の雇用期間を現行の「6か月以上3年以内」から「6か月以上」に緩和します。

※有期雇用期間が通算5年を超えた有期雇用労働者については、助成額は「無期から正規」の転換と同額とする。


拡充③正社員転換制度の規程に関する加算措置

新たに正社員転換制度の導入に取り組む事業主に対する加算措置を新設します。正社員転換制度を新たに規定し、当該雇用区分に転換等した場合、20万円(大企業15万円)助成。

※1事業所当たり1回のみ。

※1人目の転換時に①+③で合計100万円(大企業75万円)助成。


拡充④多様な正社員制度規定に関する加算措置

多様な正社員(勤務地限定・職務限定・短時間正社員)制度規定に関する加算額を増額します。多様な正社員制度を新たに規定し、当該雇用区分に転換等した場合


●現行:9.5万円(大企業7.125万円)

   ↓

●拡充後:40万円(大企業30万円)

※1事業所当たり1回のみ。

※1人目の転換時に①+④で合計120万円(大企業90万円)助成。


キャリアアップ助成金を利用する場合、事前に計画書を管轄の都道府県労働局へ提出しなければなりません。また、就業規則の策定、労働条件通知書、出勤簿、賃金台帳等の管理も必要です。トライされたい事業主様がいらっしゃいましたら、ご相談下さい。

最新記事

すべて表示

【令和6年度健康保険料等改定】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 令和6年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率が改定されます。 適用:令和6年3月分(4月納付分)~ 介護保険料率は、1.82% → 1.60%に引き下げとなりました。 健康保険料率は、都道府県により上下しています。 健康保険料率は都道府県により異なりますので、詳細は以下をご参照ください。 ↓↓↓ 令和6年度保険料額表(令和6年

【助成金について(2)「助成金」と「補助金」の違い】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 本日は助成金と補助金の違いについてご説明いたします。 「助成金」と「補助金」は、どちらも「事業の支援などのために支給されるお金」という点で共通していますが、実際には細かな違いがあります。 ●「助成金」とは 「研究や事業などの遂行を助けるために支給される金銭」で、大別すると雇用関係のものと研究開発型の2種類があり、このうち雇用関係の助成金は、厚生

【労働条件明示ルールの改正について(2)】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 2023年11月24日に労働条件明示ルールの改正についてお知らせしました。 事業主が社員を雇い入れた場合、明示する労働条件が法律により定められているのをご存知でしょうか。 必ず明示しなければならない項目と、会社に定めがある場合は明示しなければならない項目の2通りあります。 ただし、期間の定めのある契約をする社員(パート・アルバイト等)に対しては、必ず明示し

bottom of page