top of page
  • komatsu-ktw

【労働条件明示ルールの改正について(2)】

更新日:1月31日

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

2023年11月24日に労働条件明示ルールの改正についてお知らせしました。

事業主が社員を雇い入れた場合、明示する労働条件が法律により定められているのをご存知でしょうか。

必ず明示しなければならない項目と、会社に定めがある場合は明示しなければならない項目の2通りあります。

必ず明示しなければならない項目

定めがある場合は明示しなければ ならない項目

・契約期間に関すること

・期間の定めがある契約を更新する場合の  基準に関すること

・就業場所、従事する業務に関すること

・始業・終業時刻、休憩、休日などに関すること

・賃金の決定方法、支払時期などに関すること

・退職に関すること(解雇の事由を含む)

・昇給に関すること

・退職手当に関すること

・賞与などに関すること

・食費、作業用品などの負担に  関すること

・安全衛生に関すること

・職業訓練に関すること

・災害補償などに関すること

・表彰や制裁に関すること

・休職に関すること

ただし、期間の定めのある契約をする社員(パート・アルバイト等)に対しては、必ず明示しなければならない項目が4つ増えるためご注意して下さい。

・昇給の有無

・退職手当の有無

・賞与の有無

・相談窓口


★POINT

・2023年11月24日の4項目は、全て「必ず明示しなければならない項目」になります。

・労働条件の明示は、原則として文書の交付が義務付けられており、口頭説明のみでは法違反になるためご注意して下さい。






最新記事

すべて表示

【雇用保険の適用拡大「週10時間以上」に】

雇用保険の適用対象者の拡大を盛り込んだ改正雇用保険法などが可決されました。週所定労働時間に関する被保険者の要件について、従来の「20時間以上」から「10時間以上」に変更します。自己都合により退職した者が一定の教育訓練を受けた場合「給付制限」が解除され、すぐに基本手当を受給できるようになります。自己都合離職者への給付制限は、通達改正により原則2カ月から1カ月に短縮します。施行日は、訓練受講者の給付制

【高年齢者・障害者雇用状況報告書について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。今日は高年齢者・障害者雇用状況報告書についてご説明いたします。 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律52条1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律43条7項」において、事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況等を、管轄の公共職業安定所(一部地域では労働局)を経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。(通

【定額減税について(2)】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 令和6年6月から始まる定額減税について、質問が多かったものを記します。 ◆定額減税の対象者 令和6年6月1日時点の在籍者、かつ年収が2000万円以下、及び税区分が「甲」の人が対象者です。 5月末までに退職した人、6月2日以降に入社した人、は対象外です。 ただし、6月2日以降に入社した人については、6月以降の給与・賞与からの月次減税は行いませんが、年末調整に

Comments


bottom of page