top of page
  • komatsu-ktw

【定額減税について(2)】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

令和6年6月から始まる定額減税について、質問が多かったものを記します。


◆定額減税の対象者

令和6年6月1日時点の在籍者、かつ年収が2000万円以下、及び税区分が「甲」の人が対象者です。

5月末までに退職した人、6月2日以降に入社した人、は対象外です。

ただし、6月2日以降に入社した人については、6月以降の給与・賞与からの月次減税は行いませんが、年末調整において定額減税を行います。


◆生計同一配偶者

定額減税対象者と生計を同じにする配偶者(内縁関係は不該当)のうち、年収が103万円以下の人が該当します。

年末調整における源泉控除対象配偶者(年収150万円以下)とは年収が違うため注意が必要です。

※配偶者の年収が103万円超の場合、生計同一配偶者ではなく定額減税対象者になるため、

 配偶者自身の収入に対して定額減税が行われます。


◆扶養親族

配偶者以外の親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)のうち、定額減税対象者と生計を同じにする年収103万円以下の人が該当します。

源泉所得税の扶養控除対象親族とは違い、16歳未満の人も含むため注意が必要です。


◆6月2日以降にお子様が産まれた場合

6月1日時点における生計同一配偶者と扶養親族の人数から、月次減税を行う金額を求めます。

6月2日以降にお子様が産まれた場合でも、6月1日時点で求めた月次減税の増額は行いません。

この場合、年末調整において定額減税の精算を行います。


◆年収2000万円超の場合

定額減税の対象外ではありますが、6月以降の給与・賞与からの月次減税は行います。

そのため、6月1日時点における生計同一配偶者と扶養親族の人数を調べ、月次減税を行う金額を求める必要があります。

この場合、確定申告により定額減税の精算が行われます。

最新記事

すべて表示

【高年齢者の雇用について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今回は高年齢者の雇用について説明します。高年齢者雇用安定法により、60歳以上の者の雇用について、事業主に義務が課されているものと努力義務のものとがあります。 《義務》65歳までの雇用確保 ・60歳未満の定年の禁止 事業主が定年を定める場合は、その定年年齢は60 歳以上としなければなりません。 ・65歳までの雇用確保措置 定年を65歳未満に定めている事業主は

【雇用保険の適用拡大「週10時間以上」に】

雇用保険の適用対象者の拡大を盛り込んだ改正雇用保険法などが可決されました。週所定労働時間に関する被保険者の要件について、従来の「20時間以上」から「10時間以上」に変更します。自己都合により退職した者が一定の教育訓練を受けた場合「給付制限」が解除され、すぐに基本手当を受給できるようになります。自己都合離職者への給付制限は、通達改正により原則2カ月から1カ月に短縮します。施行日は、訓練受講者の給付制

【高年齢者・障害者雇用状況報告書について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。今日は高年齢者・障害者雇用状況報告書についてご説明いたします。 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律52条1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律43条7項」において、事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況等を、管轄の公共職業安定所(一部地域では労働局)を経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。(通

Comments


bottom of page