top of page
  • komatsu-ktw

【年収の壁について】

最近「年収の壁」という言葉を耳にする機会が多くなりました。

いろいろな壁がありますが、今回はよく取り上げられる「106万円の壁」と「130万円の壁」についてご説明します。


配偶者がいて、パート勤務で以下の壁を下回って働く場合には、年金の「第3号被保険者」となります(保険料の支払いなし)。

壁を超えて勤務した場合、「第3号被保険者」でなくなり社会保険料を納める必要がでてきます。

壁をギリギリ超えてしまった場合には、手取り額が少なくなることになるため、働く時間等を調整して範囲内で勤務するという状況です。



この2つの壁は、従業員数が100人超えの企業かどうかで分かれます。

令和6年10月には、従業員数50人超えとなります)


101人以上 → 106万円の壁(収入だけでなく、週20時間以上勤務などの要件があります)

100人以下 → 130万円の壁


■短時間労働者が「年収の壁」を意識せず働くことができるような対応策が発表されました。

106万円の壁については、労働者の収入が減少しないような対策をとった事業主に対し助成金を支給。

130万円の壁については、被扶養者認定基準(年収130万円)について、労働時間延長等に伴う一時的な収入変動については、扶養認定を可能とする。

※「一時的な収入変動」ということですので、恒常的に超過する場合には該当しないことになるでしょう。


最新記事

すべて表示

【高年齢者の雇用について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今回は高年齢者の雇用について説明します。高年齢者雇用安定法により、60歳以上の者の雇用について、事業主に義務が課されているものと努力義務のものとがあります。 《義務》65歳までの雇用確保 ・60歳未満の定年の禁止 事業主が定年を定める場合は、その定年年齢は60 歳以上としなければなりません。 ・65歳までの雇用確保措置 定年を65歳未満に定めている事業主は

【雇用保険の適用拡大「週10時間以上」に】

雇用保険の適用対象者の拡大を盛り込んだ改正雇用保険法などが可決されました。週所定労働時間に関する被保険者の要件について、従来の「20時間以上」から「10時間以上」に変更します。自己都合により退職した者が一定の教育訓練を受けた場合「給付制限」が解除され、すぐに基本手当を受給できるようになります。自己都合離職者への給付制限は、通達改正により原則2カ月から1カ月に短縮します。施行日は、訓練受講者の給付制

【高年齢者・障害者雇用状況報告書について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。今日は高年齢者・障害者雇用状況報告書についてご説明いたします。 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律52条1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律43条7項」において、事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況等を、管轄の公共職業安定所(一部地域では労働局)を経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。(通

Σχόλια


bottom of page