top of page
  • komatsu-ktw

【年収の壁について】

最近「年収の壁」という言葉を耳にする機会が多くなりました。

いろいろな壁がありますが、今回はよく取り上げられる「106万円の壁」と「130万円の壁」についてご説明します。


配偶者がいて、パート勤務で以下の壁を下回って働く場合には、年金の「第3号被保険者」となります(保険料の支払いなし)。

壁を超えて勤務した場合、「第3号被保険者」でなくなり社会保険料を納める必要がでてきます。

壁をギリギリ超えてしまった場合には、手取り額が少なくなることになるため、働く時間等を調整して範囲内で勤務するという状況です。



この2つの壁は、従業員数が100人超えの企業かどうかで分かれます。

令和6年10月には、従業員数50人超えとなります)


101人以上 → 106万円の壁(収入だけでなく、週20時間以上勤務などの要件があります)

100人以下 → 130万円の壁


■短時間労働者が「年収の壁」を意識せず働くことができるような対応策が発表されました。

106万円の壁については、労働者の収入が減少しないような対策をとった事業主に対し助成金を支給。

130万円の壁については、被扶養者認定基準(年収130万円)について、労働時間延長等に伴う一時的な収入変動については、扶養認定を可能とする。

※「一時的な収入変動」ということですので、恒常的に超過する場合には該当しないことになるでしょう。


最新記事

すべて表示

【定額減税について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 ◆令和6年度税制改正に伴い、令和6年分の所得税について定額による所得税額の「特別控除」が実施されます。(住民税は下記に記載) 「特別控除額」=(本人30,000円)+(同一生計配偶者・扶養親族 1人につき30,000円) 令和6年6月1日以降最初に支給される給与等(賞与含む)につき源泉徴収されるべき所得税等の額から「特別控除額」が控除されます。これにより控

【所定労働時間について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 労働時間には、労働基準法で定められた法定労働時間とは別に所定労働時間があります。 今回は、所定労働時間についてお話ししたいと思います。 まず法定労働時間とは、事業主が労働者に労働させることができる上限の時間を指します。 (1日8時間、1週間40時間) 所定労働時間 ・就業規則等で定められた始業時刻~終業時刻の時間から、休憩時間を除いた労働時間 ・法定労働時

【障害者雇用納付金制度について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 毎年4月1日~5月15日は、障害者雇用納付金制度申告申請期間になります。 本日は障害者雇用納付制度についてお話しいたします。 障害者を雇用するためには、作業施設や作業設備の改善、職場環境の整備、特別の雇用管理等が必要となるために、健常者の雇用に比べて一定の経済的負担を伴うことから、障害者を多く雇用している事業主の経済的負担を軽減し、事業主間の負

Comments


bottom of page