top of page
  • komatsu-ktw

【扶養控除について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。


従業員の方は12月に年末調整がありましたね。

『扶養控除』を目にされたかと思いますが、今回は『扶養控除』について解説させていただこうと思います。


『扶養控除』とは、養う家族(扶養家族)がいれば税金が安くなる制度です。


扶養家族とは16才以上の親族(その年の12月31日の年齢で判定)でその親族の年収が103万円以下であることが要件となります。


一般の控除額は38万円ですが、税金が38万円戻るわけではなく、

「所得を38万円減らしてくれる」→「所得が減った分税金が安くなる」というしくみです。


扶養する親族の年齢で控除額が変わります。

区分

控除額

一般の扶養親族 

(年齢16歳以上18歳以下、23歳以上69歳以下の方)

380,000円

特定扶養親族

(年齢19歳以上22歳以下の方)

630,000円

老人扶養親族

(年齢70歳以上の方で納税者本人またはその配偶者の直系尊属(父母・祖父母など))

(別居)480,000円   (同居)580,000円


次回は、配偶者控除について解説する予定です。

最新記事

すべて表示

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 前回1/20に『扶養控除』について解説しました。今回は『配偶者控除』について解説させていただきます。 『配偶者控除』とは、納税者本人や配偶者が条件を満たす場合に、一定額を納税者の所得から控除することにより、税金が安くなる制度です。条件は、以下の通りです。 ・配偶者の年間の合計所得金額が48万円以下(給与収入なら年間103万円以下)であること。 ・納税者と生

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今回は、お問い合わせの多い割増賃金について解説します。 事業主は、労働基準法に定める法定労働時間を超えて働かせた場合、 超えた時間に対して25%の割増率を乗じた賃金を支払う義務が生じます。 (超えた時間が月60時間を超えた場合は50%の割増率) ◆法定労働時間の上限(特例事業を除く) ・1日8時間 ・1週40時間 パート・アルバイト等の短時間で働く人の割増

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 2023年4月1日より、 中小企業についても、月60時間超えの時間外労働に対する割増賃金率が50%になります。 (大企業はすでに実施中) POINT ◆代替休暇 月60時間を超える法定時間外労働を行った労働者の健康を確保するため引き上げ分の割増賃金の支払いの代わりに有給の休暇(代替休暇)を付与することができます。 ◆就業規則 割増賃金率の引き上げに合わせて

bottom of page