top of page
  • komatsu-ktw

【扶養控除について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。


従業員の方は12月に年末調整がありましたね。

『扶養控除』を目にされたかと思いますが、今回は『扶養控除』について解説させていただこうと思います。


『扶養控除』とは、養う家族(扶養家族)がいれば税金が安くなる制度です。


扶養家族とは16才以上の親族(その年の12月31日の年齢で判定)でその親族の年収が103万円以下であることが要件となります。


一般の控除額は38万円ですが、税金が38万円戻るわけではなく、

「所得を38万円減らしてくれる」→「所得が減った分税金が安くなる」というしくみです。


扶養する親族の年齢で控除額が変わります。

区分

控除額

一般の扶養親族 

(年齢16歳以上18歳以下、23歳以上69歳以下の方)

380,000円

特定扶養親族

(年齢19歳以上22歳以下の方)

630,000円

老人扶養親族

(年齢70歳以上の方で納税者本人またはその配偶者の直系尊属(父母・祖父母など))

(別居)480,000円   (同居)580,000円


次回は、配偶者控除について解説する予定です。

最新記事

すべて表示

労働保険料の年度更新について

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 労働保険料(主に労災保険、雇用保険)を一年に一度精算する手続きを「労働保険料の年度更新」と呼ばれています。 新年度1年間(4月1日~3月31日)の概算保険料と、前年度の保険料を精算することとなります。 年度更新における労働保険のうち労災保険は、正社員・パート・アルバイトなど雇用形態にかかわらず全ての従業員の給与総額が対象となります。(役員を除く) 雇用保険

【助成金について(3)働くパパママ育業応援奨励金】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今日は、従業員に育児休業を取得させた際に受けられる助成金について説明させていただきます。育児休業に関する助成金はいくつかありますので、今日は東京都しごと財団が主催している『働くパパママ育業応援奨励金』について掘り下げます。 令和6年度の募集要項が発表されました。今年度は以下の4コースが設定されております。 1.働くパパコースNEXT(昨年度の働くパパコース

【定額減税について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 ◆令和6年度税制改正に伴い、令和6年分の所得税について定額による所得税額の「特別控除」が実施されます。(住民税は下記に記載) 「特別控除額」=(本人30,000円)+(同一生計配偶者・扶養親族 1人につき30,000円) 令和6年6月1日以降最初に支給される給与等(賞与含む)につき源泉徴収されるべき所得税等の額から「特別控除額」が控除されます。これにより控

תגובות


bottom of page