top of page
  • komatsu-ktw

【月額変更届について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

今回は月額変更届について解説します。前回の算定基礎届と間違いやすいのですが、異なる手続きです。


健康保険および厚生年金保険の被保険者の報酬が固定的賃金の変動に伴って大きく増額または減額した場合、毎年1回の定時決定を待たずに標準報酬月額を改定します。これを随時改定といいます。


次の3つの要件を全て満たす場合に「月額変更届」を提出し、随時改定を行います。

①昇給または降給等により固定的賃金に変動があった(※1)

②変動月から3ヶ月間に支払われた報酬の総額の平均月額から求めた標準報酬月額と、

 これまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた(※2)

③3ヶ月間の支払基礎日数が全て17日以上(※3)

(特定適用事業所で働く短時間労働者は11日以上)


上記①~③を全て満たした場合、変動月から4ヶ月目に標準報酬月額が改定されます。

例:1月に支払われた給与に変動があった場合、4月に改定。


※1:固定的賃金とは、支給額や支給率が決まっているものを指します。

   その変動は次のような場合が考えられます。

   ・基本給の昇給(ベースアップ)または降給(ベースダウン)

   ・給与体系の変更(例えば時給制から月給制への変更等)

   ・週給、日給、時給等の基礎単価の変更

   ・役職手当、住宅手当、通勤手当等の固定的な手当の追加や金額の変更


※2:東京都の令和5年の報酬月額表(出典:全国健康保険協会ホームページ)


※3:支払基礎日数とは、給与計算の対象となる日数を指します。

   月給制と週給制の場合は暦日数、日給制と時給制の場合は出勤日数。


★POINT

月額変更届が算定基礎届と同じ時期になった場合、月額変更届が優先されます。

その場合、算定基礎届の提出は不要になります。

最新記事

すべて表示

【令和6年度健康保険料等改定】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 令和6年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率が改定されます。 適用:令和6年3月分(4月納付分)~ 介護保険料率は、1.82% → 1.60%に引き下げとなりました。 健康保険料率は、都道府県により上下しています。 健康保険料率は都道府県により異なりますので、詳細は以下をご参照ください。 ↓↓↓ 令和6年度保険料額表(令和6年

【助成金について(2)「助成金」と「補助金」の違い】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 本日は助成金と補助金の違いについてご説明いたします。 「助成金」と「補助金」は、どちらも「事業の支援などのために支給されるお金」という点で共通していますが、実際には細かな違いがあります。 ●「助成金」とは 「研究や事業などの遂行を助けるために支給される金銭」で、大別すると雇用関係のものと研究開発型の2種類があり、このうち雇用関係の助成金は、厚生

【労働条件明示ルールの改正について(2)】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 2023年11月24日に労働条件明示ルールの改正についてお知らせしました。 事業主が社員を雇い入れた場合、明示する労働条件が法律により定められているのをご存知でしょうか。 必ず明示しなければならない項目と、会社に定めがある場合は明示しなければならない項目の2通りあります。 ただし、期間の定めのある契約をする社員(パート・アルバイト等)に対しては、必ず明示し

bottom of page