top of page
  • komatsu-ktw

【法改正_育児介護休業法】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

◆2022年4月1日より育児介護休業法が改正され、以下の措置が義務付けられました。


①育児休業に関する研修の実施

②相談窓口の設置

③育児休業取得の事例を労働者へ提供

④育児休業制度等の方針に関する周知

また、会社は本人や、配偶者が妊娠・出産を申し出た労働者に対して、育児休業の取得意向の確認等を個別に行うことが義務化されています。


(有期雇用労働者の育児介護休業の取得要件も緩和されています)


◆更に2022年10月1日には、出生時育児休業が新設されます

(分割した育児休業が可能となります)

詳細につきましては、またお知らせします。

最新記事

すべて表示

【高年齢者の雇用について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今回は高年齢者の雇用について説明します。高年齢者雇用安定法により、60歳以上の者の雇用について、事業主に義務が課されているものと努力義務のものとがあります。 《義務》65歳までの雇用確保 ・60歳未満の定年の禁止 事業主が定年を定める場合は、その定年年齢は60 歳以上としなければなりません。 ・65歳までの雇用確保措置 定年を65歳未満に定めている事業主は

【雇用保険の適用拡大「週10時間以上」に】

雇用保険の適用対象者の拡大を盛り込んだ改正雇用保険法などが可決されました。週所定労働時間に関する被保険者の要件について、従来の「20時間以上」から「10時間以上」に変更します。自己都合により退職した者が一定の教育訓練を受けた場合「給付制限」が解除され、すぐに基本手当を受給できるようになります。自己都合離職者への給付制限は、通達改正により原則2カ月から1カ月に短縮します。施行日は、訓練受講者の給付制

【高年齢者・障害者雇用状況報告書について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。今日は高年齢者・障害者雇用状況報告書についてご説明いたします。 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律52条1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律43条7項」において、事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況等を、管轄の公共職業安定所(一部地域では労働局)を経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。(通

Comments


bottom of page