top of page
  • komatsu-ktw

【法改正_育児介護休業法】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。

◆2022年4月1日より育児介護休業法が改正され、以下の措置が義務付けられました。


①育児休業に関する研修の実施

②相談窓口の設置

③育児休業取得の事例を労働者へ提供

④育児休業制度等の方針に関する周知

また、会社は本人や、配偶者が妊娠・出産を申し出た労働者に対して、育児休業の取得意向の確認等を個別に行うことが義務化されています。


(有期雇用労働者の育児介護休業の取得要件も緩和されています)


◆更に2022年10月1日には、出生時育児休業が新設されます

(分割した育児休業が可能となります)

詳細につきましては、またお知らせします。

最新記事

すべて表示

【令和6年度健康保険料等改定】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 令和6年度の全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率が改定されます。 適用:令和6年3月分(4月納付分)~ 介護保険料率は、1.82% → 1.60%に引き下げとなりました。 健康保険料率は、都道府県により上下しています。 健康保険料率は都道府県により異なりますので、詳細は以下をご参照ください。 ↓↓↓ 令和6年度保険料額表(令和6年

【助成金について(2)「助成金」と「補助金」の違い】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 本日は助成金と補助金の違いについてご説明いたします。 「助成金」と「補助金」は、どちらも「事業の支援などのために支給されるお金」という点で共通していますが、実際には細かな違いがあります。 ●「助成金」とは 「研究や事業などの遂行を助けるために支給される金銭」で、大別すると雇用関係のものと研究開発型の2種類があり、このうち雇用関係の助成金は、厚生

【労働条件明示ルールの改正について(2)】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 2023年11月24日に労働条件明示ルールの改正についてお知らせしました。 事業主が社員を雇い入れた場合、明示する労働条件が法律により定められているのをご存知でしょうか。 必ず明示しなければならない項目と、会社に定めがある場合は明示しなければならない項目の2通りあります。 ただし、期間の定めのある契約をする社員(パート・アルバイト等)に対しては、必ず明示し

bottom of page