top of page
  • komatsu-ktw

【労働保険の年度更新について】

更新日:4月14日

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。


従業員を雇用している事業所が年に1回必ず行わなければならないのが、労働保険の年度更新です。年度更新の際には、前年度の確定保険料と今年度の概算保険料を計算しなければなりません。期限の直前にあわてないよう、申告書作成の流れを確認しておきましょう。

今年度の申告・納付期間は、6月1日(木)~7月10日(月)


① 令和5年度更新の注意点


令和4年度確定保険料は、令和4年10月1日から保険料率が変更になったため、保険料算定基礎額と保険料額を、労災保険分と雇用保険分ごとに、

前期(令和4年4月1日~同年9月30日)

後期(令和4年10月1日~令和5年3月31日)

に分けて算出することになります。

これに伴い、申告書を算定基礎賃金集計表の様式が変更になっています。


② 申告書作成の流れ


STEP1 確定保険料算定基礎賃金集計表の作成

 賃金集計表には、令和4年4月1日から令和5年3 月31日までに使用した全ての労働者に支払った賃金 (令和5年3月31日までに支払いが確定しているが、 実際の支払いは同年4月1日以降になる場合も含みます。)の総額を記入してください。なお、賃金額を前期と後期に分けて集計できるよう、「前期計」欄及び「後期計」欄を新規に設けてあります。


STEP2 令和4年度確定保険料算定内訳の作成

 賃金集計表の下段に新規に設けられた算定内訳欄を使用して、保険料算定基礎額と保険料額を前期・後期別に算出します。


STEP3 申告書の記入

 STEP2で算出した保険料算定基礎額と保険料額を、申告書の下段に新規に設けた「㉜期間別確定保険料算定内訳」欄及び申告書中段の「確定保険料算定内訳」欄に各々転記します。


③ 申告書作成後、管轄の労基署へご提出し、保険料を納入してください。


最新記事

すべて表示

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 割増賃金について解説します。(2023年1月6日の続きです) 今回は、間違いやすい例として、1週間に25時間働く人のケースを考えてみます。 以下のそれぞれの人に支給する賃金はいくらになるでしょうか? ①Aさん:時給1200円、1日5時間を週5日 ②Bさん:時給1200円、1日9時間を週2日+1日7時間を週1日 ◆POINT 法定労働時間を超えた時間とは、

改善基準告示とは? →「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(厚生労働大臣告示)のことで、ハイヤー、タクシー、トラック、バス等の自動車運転者について、労働時間等の労働条件向上を図るため拘束時間の上限や休息期間についての基準を設けたものです。 自動車運転者の時間外労働の上限は、令和6年4月からは臨時的特別な事情がある場合には960時間/年となります。(原則45時間/月・360時間/年) 上記

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 2023年4月1日より、 中小企業についても、月60時間超えの時間外労働に対する割増賃金率が50%になります。 (大企業はすでに実施中) POINT ◆賃金の締日 ①締日が月末の場合 「4月1日~4月30日」の期間において、60時間超えの時間外労働があった場合、 60時間超えの時間外労働時間に対して割増賃金率50%で計算します。 例えば、時間外労働が62時

bottom of page