top of page
  • komatsu-ktw

【労働保険の年度更新について】

更新日:2023年4月14日

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。


従業員を雇用している事業所が年に1回必ず行わなければならないのが、労働保険の年度更新です。年度更新の際には、前年度の確定保険料と今年度の概算保険料を計算しなければなりません。期限の直前にあわてないよう、申告書作成の流れを確認しておきましょう。

今年度の申告・納付期間は、6月1日(木)~7月10日(月)


① 令和5年度更新の注意点


令和4年度確定保険料は、令和4年10月1日から保険料率が変更になったため、保険料算定基礎額と保険料額を、労災保険分と雇用保険分ごとに、

前期(令和4年4月1日~同年9月30日)

後期(令和4年10月1日~令和5年3月31日)

に分けて算出することになります。

これに伴い、申告書を算定基礎賃金集計表の様式が変更になっています。


② 申告書作成の流れ


STEP1 確定保険料算定基礎賃金集計表の作成

 賃金集計表には、令和4年4月1日から令和5年3 月31日までに使用した全ての労働者に支払った賃金 (令和5年3月31日までに支払いが確定しているが、 実際の支払いは同年4月1日以降になる場合も含みます。)の総額を記入してください。なお、賃金額を前期と後期に分けて集計できるよう、「前期計」欄及び「後期計」欄を新規に設けてあります。


STEP2 令和4年度確定保険料算定内訳の作成

 賃金集計表の下段に新規に設けられた算定内訳欄を使用して、保険料算定基礎額と保険料額を前期・後期別に算出します。


STEP3 申告書の記入

 STEP2で算出した保険料算定基礎額と保険料額を、申告書の下段に新規に設けた「㉜期間別確定保険料算定内訳」欄及び申告書中段の「確定保険料算定内訳」欄に各々転記します。


③ 申告書作成後、管轄の労基署へご提出し、保険料を納入してください。


最新記事

すべて表示

労働保険料の年度更新について

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 労働保険料(主に労災保険、雇用保険)を一年に一度精算する手続きを「労働保険料の年度更新」と呼ばれています。 新年度1年間(4月1日~3月31日)の概算保険料と、前年度の保険料を精算することとなります。 年度更新における労働保険のうち労災保険は、正社員・パート・アルバイトなど雇用形態にかかわらず全ての従業員の給与総額が対象となります。(役員を除く) 雇用保険

【助成金について(3)働くパパママ育業応援奨励金】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 今日は、従業員に育児休業を取得させた際に受けられる助成金について説明させていただきます。育児休業に関する助成金はいくつかありますので、今日は東京都しごと財団が主催している『働くパパママ育業応援奨励金』について掘り下げます。 令和6年度の募集要項が発表されました。今年度は以下の4コースが設定されております。 1.働くパパコースNEXT(昨年度の働くパパコース

【定額減税について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 ◆令和6年度税制改正に伴い、令和6年分の所得税について定額による所得税額の「特別控除」が実施されます。(住民税は下記に記載) 「特別控除額」=(本人30,000円)+(同一生計配偶者・扶養親族 1人につき30,000円) 令和6年6月1日以降最初に支給される給与等(賞与含む)につき源泉徴収されるべき所得税等の額から「特別控除額」が控除されます。これにより控

Comments


bottom of page