top of page
  • komatsu-ktw

【就業規則について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。


本日は就業規則についてお話ししようと思います。

就業規則とは、従業員が守るべきルールと従業員の労働条件を定めたものです。

常時10人以上の労働者を使用している場合は、就業規則を作成し、労働者代表の意見書を添えて、所轄労働基準監督署に届け出なければなりません。また就業規則を変更した場合も同様です。就業規則は、作業場の見やすい場所に掲示するなどの方法により労働者に周知しなければなりません。


必ず記載しなければならないこと

①始業・終業時刻、休憩、休日、休暇などに関すること

②賃金の決定方法、支払時期などに関すること

③退職に関すること(解雇事由を含む)


定めた場合に記載しなければならないこと

①退職手当に関すること

②賞与などに関すること

③食費、作業用品などの負担に関すること

④安全衛生に関すること

⑤職業訓練に関すること

⑥災害補償などに関すること

⑦表彰や制裁に関すること

⑧その他全労働者に適用されること


就業規則を作成する際は、労働基準法はもちろん各種法令の内容に違反しないように注意が必要です。内容に不備があると法的効力が失われるだけでなく、労務トラブルに巻き込まれるリスクも高まります。就業規則を作成する流れを十分理解した上で、規律ある会社づくりを目指しましょう。

最新記事

すべて表示

【定額減税について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 ◆令和6年度税制改正に伴い、令和6年分の所得税について定額による所得税額の「特別控除」が実施されます。(住民税は下記に記載) 「特別控除額」=(本人30,000円)+(同一生計配偶者・扶養親族 1人につき30,000円) 令和6年6月1日以降最初に支給される給与等(賞与含む)につき源泉徴収されるべき所得税等の額から「特別控除額」が控除されます。これにより控

【所定労働時間について】

小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 労働時間には、労働基準法で定められた法定労働時間とは別に所定労働時間があります。 今回は、所定労働時間についてお話ししたいと思います。 まず法定労働時間とは、事業主が労働者に労働させることができる上限の時間を指します。 (1日8時間、1週間40時間) 所定労働時間 ・就業規則等で定められた始業時刻~終業時刻の時間から、休憩時間を除いた労働時間 ・法定労働時

【障害者雇用納付金制度について】

こんにちは、小金井市の小松社会保険労務士事務所です。 毎年4月1日~5月15日は、障害者雇用納付金制度申告申請期間になります。 本日は障害者雇用納付制度についてお話しいたします。 障害者を雇用するためには、作業施設や作業設備の改善、職場環境の整備、特別の雇用管理等が必要となるために、健常者の雇用に比べて一定の経済的負担を伴うことから、障害者を多く雇用している事業主の経済的負担を軽減し、事業主間の負

Comments


bottom of page